「人的資本経営」施策の大本命「新・組織改善メソッド」 » 組織でよくある課題の例と解決方法 » 「残業時間が多い」組織の課題解決方法

「残業時間が多い」組織の課題解決方法

目次
contents

社会には実にさまざまな組織がありますが、中にはどうしても残業時間が多くなってしまう組織が存在します。どうして残業時間が多くなってしまうのか、長時間残業は組織にどのような影響を与えるのか、本記事で掘り下げながら改善策について考えてみます。

長時間残業が組織に与える影響

離職率が上がる

長時間残業を好む社員がいるかといえば、決して多くはないと思われます。いくら残業代が支給される企業だとしても、長時間残業は避けたいと考える社員のほうが多いでしょう。長時間残業が多い組織だと、社員が働きづらいと感じ、離職してしまう可能性が高いです。特に新入社員の場合、新人研修などでコストをかけて人材育成に励んでも、独り立ちする頃に辞めてしまうことも考えられます。

社員の心身に支障をきたす

長時間残業によって心身の疲労が著しくなると、体調を崩す、メンタルに支障をきたすなどのリスクが生じます。長時間残業によって体調を崩し、休職や離職をせざるを得なくなる社員が表れるケースは多いです。またメンタル面においては、うつ病などを発症し、出社できなくなってしまう可能性も。長時間残業は社員の心身に支障をきたします。

社員のプライベートを楽しむ時間が減少してしまう

長時間残業によって社員がプライベートを楽しむ時間が少なくなってしまうと、やはり心身に悪影響を及ぼします。また、社内で最長残業時間を設定していても、仕事が終わらないから、と自宅に仕事を持ち帰って作業する人も。結局は自宅で残業をしているのと同じことなので、プライベートを楽しめないことに加えて仕事とプライベートの区別がつかなくなってしまう可能性もあります。

適切なアドバイスを行う
人材育成コンサルティング会社

残業時間が多くなる原因

繁忙期が定期的にある

納期のある仕事や、季節に応じて繁忙期がある仕事の場合、それらのタイミングに合わせてどうしても残業が多くなりがちです。納期や繁忙期に応じた業務スケジュールを組むことが難しい場合、残業時間を減らすことも難しくなります。

業務フローが確率していない

効率的に業務を進められるようなフローが確率していない組織だと、残業が多くなりやすいです。誰が何をする、この場合はこう対応するといったフローが確立していないと、何をどうすればいいのかわからず時間だけが過ぎてしまいます。

人材不足

人手不足で一人に対する業務量が多くなってしまっているケースも、長時間残業につながります。人材を確保してもすぐに長時間残業が改善されない場合、その人材が離職してしまい、人材不足が解消されないままになってしまっている組織も少なくありません。

長時間残業の改善方法

ノー残業デーを設ける

業務によってどうしても残業が多くなりがちな組織であっても、週に1日ノー残業デーを設けることで、「社員が残業をしない日」を習慣づけることができます。もちろんそのほかの日にしわ寄せが出ないよう、組織自体の改善を並行して行うことが必要です。

専門のコンサルタントに改善を依頼する

業務フローが確率していない、自社でさまざまな取り組みをしても改善されない場合には、組織・業務改善を専門としているコンサルタントに依頼をして指示を仰ぐのもひとつの方法です。

適宜アルバイトを雇用して人材不足を解消する

繁忙期など、定期的に人手不足になることがわかっている組織であれば、その時期にアルバイトや派遣などの雇用を行います。社員の負荷を減らすことで、長時間残業を避けられる可能性があります。

世界で導入実績をもつ
“確かな”「才能診断ツール」を比較

ピックアップ関連記事