「人的資本経営」施策の大本命「新・組織改善メソッド」 » 組織でよくある課題の例と解決方法

組織でよくある課題の例と解決方法

目次
contents

あなたの組織は課題を抱えておりませんでしょうか?

こちらでは一般的な組織でよく耳にする課題をピックアップして、解決方法を解説しています。人が育たない、人が辞めてしまう、帰属意識が低い、成果が出ないといった課題を抱えている企業は必見です。とくに人材に関する課題は、放っておくと離職者が増加し、業績悪化などの組織低迷を招く原因になり得ます。以下の課題解決方法に取り組んで、社員が定着し、生産性が向上する職場環境を作り上げていきましょう。

「人が育たない」組織の
課題解決方法

人が育たないと悩む組織は、人を育てる目標が曖昧で、指導側に余裕がないという現状があります。職人気質の組織では上司の背中を見て技術を覚えてきた世代が、部下にも同様の習得方法を押し付けるといったケースも珍しくありません。世代が違う部下の価値観や意見を切り捨て、一方的で画一的な指導ばかりを続けていると、価値観の共有が出来ずに足踏みが揃わない要因にも。部下の価値観を理解し、それぞれの特性に合った才能を引き出す人材育成を実施することが大切です。

「人が育たない」組織の
課題解決方法について詳しく見る

「人が辞めていく」組織の課題解決方法

 人が辞めていく組織の課題としては、価値観の押し付け、不適切な評価、コミュニケーション不足が挙げられます。人は長期的に感情をコントロールすることが難しく、コミュニケーションを重ねることで異なる価値観を受け入れていく必要があります。部下が「上司と話がかみ合わない」と不満を溜める前に、対立する意見も拾い上げ課題を解決する工夫を講じましょう。また、数値に現れないスキルも正しく評価する体制を整える必要があります。

「人が辞めていく」組織の
課題解決方法について詳しく見る

「帰属意識が低い」組織の課題解決方法

帰属意識が低い組織は、業務に魅力がない、評価が不適切、組織の強みがないといった課題を抱えています。社員に業務の魅力を伝えるには、仕事の意味や社会貢献度、成長度合いを具体的に示す必要があります。また、裁量がある仕事を与えて、数値に現れない仕事まで正しく評価することが大切です。正しい評価が受けられ、個人の成長に繋がるという実感が得られれば、帰属意識を高められるようになります。

「帰属意識が低い」組織の
意識を高める方法について
詳しく見る

「成果を出したい」組織の課題解決方法

成果が出ない組織の課題としては、心理的安全性が低く、画一的なマニュアルに依存し過ぎることが挙げられます。各人材のスキルや特性を見極めて、適材適所に人材を配置することで、一人ひとりの能力を発揮できる環境を整えることができます。一人ひとりが特性を伸ばせるポジションにつけば、仕事にやりがいを見出せます。これにより心理的安全性も高まるでしょう。

成果を出す組織にする
課題解決方法を詳しく見る

「コミュニケーション不足」な組織の課題解決方法

組織がコミュニケーション不足の状態に陥ってしまうと、きちんと会話ができていれば防げたようなミスが発生しやすくなり、それによってストレスも溜まりやすくなります。こういった環境では楽しく仕事ができないため、離職率が高まる可能性も高いです。改善のためには会話や相談がしやすい環境を整えたり、普段から他部署も含めて情報共有ができる体制を整えたりしておくことが欠かせません。

コミュニケーション不足な組織の
課題解決方法を詳しく見る

「リーダーがいない」組織の課題解決方法

組織をまとめるリーダーが不在の場合、作業効率やメンバー同士の関係性、モチベーションなど、さまざまな部分に悪影響が出ます。組織としてリーダーの育成ができていないなどの問題を抱えているケースは珍しくありません。リーダー不在の状態を改善していくためには、失敗を恐れず挑戦できるように支えたり、意識改革をしたりすることが重要です。

リーダー不在の組織における
課題解決方法を詳しく見る

「残業時間が多い」組織の課題解決方法

残業時間が多い組織は、なぜ長時間残業が発生するのかという原因を追求し、その原因を解消するための対策をとることが望ましいです。長時間残業は社員の離職につながるほか、社員の心身に不調をきたし、出社できなくなってしまうなど、さまざまな悪影響を及ぼす恐れがあります。改善方法を見つけて、早急な対策が必要です。

「残業時間が多い」組織の
課題解決方法を詳しく見る

組織の課題が「人材」なら「個の才能を伸ばす」に
注力する

組織の課題が「人材」に関することならば、個人の才能・特性を発揮できる場をつくることで、課題を解決できる可能性があります。個人の才能を伸ばすためには、才能を把握できる「才能診断ツール」を活用するのも一つの方法です。才能診断ツールについて知りたい方は、以下でツールの紹介をしているので、ぜひ参考にしてくださいね。

世界で導入実績をもつ
“確かな”「才能診断ツール」を比較