「人的資本経営」施策の大本命「新・組織改善メソッド」 » 組織の強みを明確にする「才能診断ツール」を紹介・体験 » MBTIの体験レポート

MBTIの体験レポート

目次
contents

社員の性格を捉えて、チームビルディングに役立てたいと考えている企業は、フィードバックを受けられるMBTIを候補に入れてはいかがでしょうか。MBTIは、診断結果のフィードバックにこだわっている性格診断です。ここでは、MBTIの特徴と、試した感想をレポートにまとめています。診断結果を知識のある人にフィードバックしてもらいたい場合にお役立てください。

また、性格だけでなく、社員ひとりひとりの才能を診断できるツールに興味がある場合は、 「才能診断ツール(アセスメントツール)」をチェックしてみるのがおすすめです。

組織での活用に向いている
おすすめの才能診断ツール2選をチェック

MBTIとは

MBTIは、1,200名以上の有資格者が誕生し、総勢19万人以上が使用している国際規格にもとづいた性格診断です。メソッドに近く、回答者は有資格者の支援を受けて自己理解を深められるようになっています。自分がフィットタイプを見つけるプロセスを重視しており、自分の強みや課題が整理しやすいことから、世界60カ国以上の国で導入されている実績(2022年11月17日調査時点)があります。個人の性格を心の機能と態度の側面から見られるため、人との違いの理解に繋がり、人間関係づくりに役立てられるでしょう。

※参照元:MBTI公式HP
(https://www.earthship-c.com/training/mbti-training/)

MBTIのやり方・所要時間

MBTIは、日本では18歳以上から有効とされている性格診断で、Web上で受験するには有資格者から暗証番号を付与してもらう必要があります。回答結果は有資格者から渡されることになり、個人で有資格者のフィードバックを受けずに診断することはできません。質問は93問あり、回答時間は約20分。結果のフィードバックには、最低2時間以上かけなければならないと倫理規定で決められています。実際に診断を体験したい場合は、有料のMBTI体験セッションで一日をかけてプログラムに参加することが可能です。

MBTIの診断の特徴

MBTIは、ユングの心理学的タイプ論の考えをもとに1962年に開発され、40年近く研究開発が進められてきた性格診断です。心の癖、パターンを掴めるため、社員が自分自身の行動に気づきが得られるでしょう。自己・他者理解の研修に用いられたり、キャリアカウンセリングやマネジメント開発に取り入られたりしています。

MBTIの診断結果の種類

MBTIは、人の性格を16のタイプに分けて考えています。ものの見方・判断のしかた・興味関心の方向・外界への接し方の4指標で表し、16タイプへと分類していきます。

性格のタイプとして、責任感がある管理者型・秩序を好む擁護者型・他人を見抜く力に長けた提唱者型・根拠に基づき行動する建築型・観察力がある巨匠型・自主性を持って作業する冒険家型・チームのやる気を引き出す仲介者型・倫理的な回答を求める論理学者型があります。

さらに、現実主義者である起業家型・友好的なエンターテイナー型・影響力のある広報運動家型・野心的な討論者型・秩序を大切にする幹部型。調和に努める領事官型・共感力が高い主人公型・意思決定が速い指揮官型といったタイプも挙げられます。

MBTIの導入事例

ここからは、MBTIを日本のラグビー日本代表と、電機メーカーに導入した事例を紹介しています。ラグビー日本代表では選手の性格を知るために、電機メーカーではチームづくりのために上位層から導入しています。

性格を知ることができるのが興味深かった

ファシリテーターが検査の結果をもとにして選手に質問(エクササイズ)をしていきます。それによって、選手たちが自分の性格を知るというプロセスが興味深かった。サントリーでは選手たちが回答するのに時間がかかったのが印象的でした。

※引用元:日本MBTI協会公式HP
https://www.mbti.or.jp/what/zirei1_rugby.php

上位職から浸透させて受講者を増やした

現在では、部長クラスはほぼ全員、さらにはその秘書の半数までもが、パーソナルデベロップメントコースを修了しており、延べ受講者数も200名以上になりました。また、上位職から一気に浸透させたことで、MBTIは社員の間に口コミで広がり、研修部門でとるアンケートで、今後実施してほしい講座として「MBTI」がしばしば登場するようになっています。

※引用元:日本MBTI協会公式HP
https://www.mbti.or.jp/what/zirei1_a.php

社員の才能を診断・活用したいなら
組織向けの才能診断ツールをチェック

【体験レポ】
MBTI(16Personalities)を試してみた

MBTIの診断画面
引用元HP:MBTI公式HP
(https://www.16personalities.com/ja/性格診断テスト)

MBTI(16Personalities)性格診断テストを試してみました。

これは質問に答えていくことで、自分がどのように世界を見て、物事に対してどう対処をしているか、心はどう作用・機能しているかを自己分析することができる性格検査です。

各人材の得意や不得意を知って、最適な人員配置に活かしてくださいね。

ツール概要

60問の質問に答えて性格診断

MBTI(16Personalities)無料性格診断テストは、インターネットブラウザでアクセスするだけで簡単に受けることができます。

会員登録や結果を見るためのメールアドレスの登録なども必要ありません。

60問の質問にひとつずつ答えていくのですが、例えば「人間の存在理由について熟考することがよくあるか」という質問に対して「同意する」から「同意しない」まで、ラジオボタンが7段階用意されていますので、それほど悩むこともなくサクサクと回答できました。

(真ん中、つまり「中立」のボタンもありますがなるべく中立は選ばないように、との説明があります。)

こういった自己診断は、問題数が多いとげんなりしてしまいますが、この診断では全体の設問のうち、現在の設問数が常に表示されているのでとてもやりやすかったです。

12分以内に終わらせるようにとの説明がありましたが、7分ほどで全ての質問に回答できました。

※参照元:MBTI公式HP
(https://www.16personalities.com/ja/性格診断テスト)

性格をキャラクター化した表現で
理解が深まる

MBTIの診断結果
引用元HP:MBTI公式HP
(https://www.16personalities.com/ja/entj型の性格)

診断の結果は、内向型または(I)外向型(E)、感覚型(S)または直観型(N)、思考型(T)または感情型(F)、判断型(J)または知覚型(P)からそれぞれ一字ずつを取ったアルファベット4字であらわされます。

私はENTJでした。

そして面白いのが16個の性格に、アルファベット4字だけでなく、それぞれの性格になぞらえた「建築家」「広報運動家」「管理者」「冒険家」「エンターテイナー」などの職業名がつけられているところです。

これは自分の診断結果を覚えておくのにも便利ですし、他の人の結果を聞いた時にも直感的にどんな性格かがわかりやすくて便利です。

私が診断されたENTJは「指揮官」と名づけられています。

共通の目標に向けて人々をまとめるエネルギーも能力もあるが、無情なほど合理的で他人の失敗や効率の悪さ、怠惰に対して情け容赦が無い、とのことでした。

確かに自分の短所についてとても心当たりがあります。

16タイプの紹介で、自分と同じタイプであろう有名人がイラスト付きで掲載されているのも面白いですね。各人材の特性をビジュアル化し、わかりやすく把握することができるでしょう。

メンバーそれぞれが特性を理解し、強みを発揮できるチームに

MBTI診断はもともと社会に出る人が自身の性格に合う職種を把握するために作られたものだそう。

この診断は「職種」だけに限らず、今いるチームの中でどんなポジションが向いているか分析するのにも使えそうです。

自分が把握するだけでなくチームメンバーがお互いのタイプを理解することで、それぞれが強みを発揮できるようにポジショニングしたり、チーム内のコミュニケーションを改善したりすることにも活用できるとよいのではないでしょうか。

組織でよくある課題の例と
解決方法を見る

自分を知って短所を改善すれば
よりよい人間関係が築け、
仕事に活かせるはず

MBTI(16Personalities)性格診断テストのトップページには「非常に正確で、『ちょっぴりゾッとする』と書かれているのですが、まさにそのとおり自己分析がかなり正確で、特に短所についてはズバッと斬られる感じです。

自分の性格タイプのページを読んだことで、いろいろな事象に対して、これまで起きてきたことや、自分がとった行動の理由がわかった!という気持ちになりました。

ここに書かれた短所を受け入れて改善していくことで、よりよい人間関係を築く、自分に向いた方法で成果をあげる、など役立てられると思います。

診断テストでは、有料プランに加入しなくても、自分のタイプに関して性格や長所・短所、友人・親子関係についてのアドバイスなど、かなりの分量の文章を読むことができます。

(日本語訳されていないページについてはGoogle翻訳やDeepLなど翻訳ツールを使い読み進めました。)

ぜひ各人材の特性を把握して、組織改善に活かしてください。

世界で導入実績をもつ
“確かな”「才能診断ツール」を比較

ピックアップ関連記事