「人的資本経営」施策の大本命「新・組織改善メソッド」 » 組織改革の方法を改善したい問題から探す

組織改革の方法を改善したい問題から探す

目次
contents

スタートアップもベンチャーも大企業も、企業の成長のためにはイノベーションを起こせる人材が欠かせません。成功を収めてきた企業でも、人材採用や人材育成に限界を感じ始めるケースは少なくないでしょう。ここでは、組織改善の方法を課題別に紹介しています。

採用のミスマッチを防ぐ
方法

採用のミスマッチは、必然的に起こりうるものです。しかし、努力次第で減らすことはでき、ペルソナ設計を行い欲しい人材の条件を明確にしておく必要があります。条件に該当するか判断がつかない場合は、才能診断ツールに頼るのも一つの方法です。才能診断ツールを入社前後に導入すれば、採用のミスマッチから、入社後の配属のミスマッチまで防ぐことができるでしょう。

新卒採用のミスマッチを防ぐ方法
について詳しく見る

新卒を即戦力化する方法

新卒を即戦力化するには、面接時と入社後の見極めが大切です。個人のスキルや価値観を可視化して、採用基準に該当する人のみ雇用し、スキルに見合う部署に配属します。企業のビジョンや価値観に合う人を集めて、適材適所に配置できるため、個人の才能を引き出せるようになります。働きやすい心理的安全性が高い職場であれば、新卒社員も能動的に動けるでしょう。

新卒を即戦力化する方法
について詳しく見る

人材配置を適切化する方法

人材配置を適切化するには、社員のスキルの可視化が必要です。部署異動記録だけを残すのはもったいなく、過去から現在まで社員が何のスキルを身に付けてきたか、共有しやすいように言語化して残しておきましょう。現在のレベルが一目で把握できれば、主体性を発揮できる部署へと配属できます。ただし、経験に応じて能力は変化していくので、定期的な効果測定・改善が必要となります。

人材配置を適切化する方法
について詳しく見る

リーダーの育成に注力する方法

リーダーを育成するには、プレイヤーから指導者に切り替えるための研修が必要です。社員のスキルを可視化して、素質を見極めてリーダーを選出し、部下を束ねるための心構えを指導していきましょう。また、全社員のスキルを可視化できれば、リーダーが介入する境界線を決める判断材料となり、部下に裁量のある仕事を任せやすくなります

リーダーの育成に注力する方法
について詳しく見る

経営人材の育成に注力する方法

経営人材を育成するには長期的な視点が必要で、若手のうちから候補を挙げておくことが大切です。全社員のスキルを可視化できる体制を整えて、経営人材の条件を満たす社員を残していき、育成していく必要があるでしょう。早い段階で経営人材と若手が交流できる取り組みを実施すると、社員に経営に対する問題意識を持たせられるようになります。

経営人材の育成に注力する方法
について詳しく見る

人材育成における
コミュニケーションを
改善する方法

人材育成においてコミュニケーションは大切で、円滑にするには個の才能を発揮できるフィールドを見極めることが大切です。心理的安全性の高い職場はコミュニケーションが活性化しやすく、意義のある意見交換が起こりやすくなります。1on1を実施するのも一つの手で、社員に自らの行動を言語化させ、内省や成長を促すことができます

人材育成における
コミュニケーションを改善する方法
について詳しく見る

人材育成の研修を改善する方法

人材育成の研修を改善するには、指導者の選定と個人のスキルの見極めが大切です。マニュアルだけではカバーできない部分も臨機応変に対応でき、かつ個人が成長するための戦略が立てられる指導が求められます。また、社員に適切な時期に研修を行うことも重要で、必要とする時期に不足している知識を補うための研修を実施しましょう。

人材育成の研修を改善する方法
について詳しく見る

組織の課題が「人材」なら「個の才能を伸ばす」に
注力する

組織の抱えている課題が「人材」に関することであれば、個人の才能を伸ばすことで課題を解決できる可能性があります。個々が才能を発揮できる環境を提供し、業務効率の改善や売上高の増加を図りませんか。才能診断ツールを導入すると、個人の才能を伸ばすきっかけになります。採用や人材育成に限界を感じている企業は、以下のリンクより才能診断ツールの詳細をご確認いただけます。

世界で導入実績をもつ
“確かな”「才能診断ツール」を比較

組織改善を目指すためのフレームワークについて

企業では様々な出自、経験を持った従業員が数多く働いているため、その中で企業の目標に向けて共通の認識を持ち、足並みをそろえていくのは言うほど簡単なことではありません。フレームワークは、組織改善の際の改善対象となる「社員同士の関係性」や「組織の構造」を把握、観測、評価をすることができる思考の枠組みのひとつです。フレームワークを活用し、企業全体の目標、課題だけではなく、チームや個人の目標や課題を把握し、組織改善に役立てていきましょう。

組織改善を目指すためのフレームワークについて
について詳しく見る