今いるメンバーで成果を上げる
ニューノーマル
組織改善策とは

社員のエンゲージメントが低い、中堅層が育たない、優秀な人が辞めていく…。

そんな組織課題を自社で解決しようと、システムや研修の導入など対策を講じたものの、

思うような効果を得られなかった方へ。もう一度根本から組織改善を考えてみましょう。

このサイトでは、今の時代必要な組織改善の考え方と、

ニューノーマルな案として「才能診断ツール」と「人材育成コンサルタント」をご紹介します。

早速、具体的な組織改善策を見る

目次
contents
組織での活用に向いている才能診断ツール2選

ここでは、「才能診断とコンサルティングに対応している」もしくは「受験無料で設問が少ない」ものを「組織での活用に向いているツール」と定義。

実績を持っている&国内の企業・団体が提供している「才能診断ツール」のうち、組織での活用に向いているツールは「タレントダイナミクス」と「DiSC(ディスク)」です。「タレントダイナミクス」は診断結果の活用方法についてアドバイスしてくれるコンサルがつき、「DiSC(ディスク)」は受験無料で設問数が少ないので人員が多い組織でも導入が容易でしょう。特に、活用しやすいシーンごとにおすすめのツールを分けてみました。

※2022年8月29日時点でのGoogleで「才能診断ツール」と検索し5P目までに出てきたツールの中で、「組織」での活用に向いている2つのツールを選定。
タレントダイナミクス:才能診断に加え、唯一コンサルティングに対応している
DiSC:受験無料な上、設問数が8問と最も少ない

既存人材を活かしきれていない
伸び悩む組織におすすめ
人材の才能を明確にする
才能発掘ツール

引用元:タレントダイナミクス公式HP
(https://talentdynamics.jp/)
タレントダイナミクス

他ツールにはない「意識レベル」の診断により、個人の才能をより明確にするツール。適切な教育や配置に活用できる。

導入実績 100万人以上
(2022年9月調査時点)

タレントダイナミクスの
HPでツール詳細を確認

電話で問い合わせる

対話を円滑にする
コミュニケーションツール
手早く人材の特性を把握し
活用したい組織におすすめ

引用元:DiSC公式HP
(https://www.hrd-inc.co.jp/whatsdisc/)
DiSC

人の行動属性を理解できるツール。調査したツールの中で診断結果が4つと最も少なく、簡単かつ明確に相手のことを知ることができる。

導入実績 100万人以上
(2022年9月調査時点)

DiSCのHPで
ツール詳細を確認

電話で問い合わせる

相互理解活用までできる
ニューノーマルな組織改善秘策

これまでとは違うニューノーマルな組織改善の秘策として、相手を理解し能力を引き出す「才能診断ツール」、活用を徹底できる「人材育成コンサルタント」をご提案します。

まずは、「才能診断ツール」で組織内の人材の強みを知り、適切なマネジメント・人材配置を行うことが重要です。そのうえで、どうしても自分たちの力では才能診断ツール結果の活用がうまくいかなかったり、リソースがなかったりするのであれば、「人材育成コンサルタント」に頼りましょう。

STEP1「才能診断ツール(アセスメントツール)」の導入

「才能診断ツール(アセスメントツール)」の導入
「人材の特性」を可視化し組織を改善

才能診断ツールとは、個人の強み、才能を客観的に評価する診断ツールのこと。個人の強みや才能を発見できれば、適切なマネジメントや配置が可能になります。

また、適切なマネジメントができることで、組織のコミュニケーションも円滑になります。自分の能力を活かして能動的に働く社員が増えることで、組織の目標到達や利益の最大化にも繋がるでしょう。

  • 導入メリット:手軽に導入できる、個々人が強みや才能を意識して仕事に活かせる
  • 導入課題 :導入後どう活用するかは組織の努力次第

組織での活用に向いている
才能診断ツール2選

STEP2「人材育成コンサルタント」の研修・導入

「人材育成コンサルタント」の導入
「個」を活かすマネジメントで組織を改善

人材育成コンサルタントとは、組織に属する人材の成長に繋がる施策、仕組みづくりをアドバイスするコンサルティングのことです。人材採用から人材育成、人事制度の策定にいたるまで、人材関連の課題について相談できます。

また、第三者視点で自社を客観的に評価してもらうため、今まで気づけなかった問題を把握することができ、解決策を知ることが可能です。

  • 導入メリット:人材育成の導入だけではなく人材の活用まで相談・サポートしてもらえる
  • 導入課題 :組織の理念とずれたコンサルだとミスリードになる

「人材育成コンサルタント」一覧を確認

「ツール」「人材育成・人材活用」いずれも対応する
「タレントダイナミクス」を体験

タレントダイナミクス公式HPキャプチャ
引用元HP:タレントダイナミクス公式HP
(https://talentdynamics.jp/contents/whatistd/)
結論、才能診断ツールの活用方法を知ることが大切だった

今回、才能診断ツールの中でも、ツールと人材育成・人材活用をいずれも提案し、「個」の才能の特定から活用までサポートする「タレントダイナミクス」をタイプの異なる5名の社会人が体験してみました。タレントダイナミクス研修は「一般社団法人日本適性力学協会」に協力を依頼。診断結果や研修内容は、組織でどのように活かすことができるのでしょうか。結果がわかる体験レポートは、下記から確認できます。

【PR】個を活かす才能診断ツール
「タレントダイナミクス」を5人で体験してみた

組織改善は「7S分析」で考える

THINK
マッキンゼーの7S図
引用元HP:ビジネス+IT公式HP(https://www.sbbit.jp/article/cont1/30243
*Superordinate Goals(上位目標)と表現される場合もあり
(出典:T.J. ピーターズ & R.H. ウォーターマン(1983)『エクセレント・カンパニー』(pp.41)東京:株式会社講談社)

7S分析とは、組織改革・課題解決に取り組む際に、組織を7つの要素に分けて分析する手法のことで、アメリカのコンサルティングファーム、マッキンゼーが提唱する組織改革のフレームワークです。

「7S」を組織に導入することにより、企業戦略や組織の指揮系統を見直したり、新しい人事評価制度を取り入れたりすることができます。

人手不足が深刻化する今、組織課題を多角的な視点で解決するには7S分析が欠かせません。7Sは、組織改善において企業努力により比較的変更が容易なハードの3Sと、変更に時間がかかるソフトの4Sで構成されます。

マッキンゼーの7S図
引用元HP:ビジネス+IT公式HP(https://www.sbbit.jp/article/cont1/30243
*Superordinate Goals(上位目標)と表現される場合もあり
(出典:T.J. ピーターズ & R.H. ウォーターマン(1983)『エクセレント・カンパニー』(pp.41)東京:株式会社講談社)

7S分析とは、組織改革・課題解決に取り組む際に、組織を7つの要素に分けて分析する手法のことで、アメリカのコンサルティングファーム、マッキンゼーが提唱する組織改革のフレームワークです。

「7S」を組織に導入することにより、企業戦略や組織の指揮系統を見直したり、新しい人事評価制度を取り入れたりすることができます。

人手不足が深刻化する今、組織課題を多角的な視点で解決するには7S分析が欠かせません。7Sは、組織改善において企業努力により比較的変更が容易なハードの3Sと、変更に時間がかかるソフトの4Sで構成されます。

ハードの3S
(1)戦略(Strategy):企業の方向性
「7S」における戦略とは、組織の方向性を指しています。戦略がないと、組織の方向性が失われ、業績悪化を招いてしまいます。他社との競争優位性を確保できる戦略を考えることが、組織の成長に繋がるでしょう。
(2)機構(Structure):組織構造 機構とは、組織形態、部門間の関係性を指します。市場変化を見据えた戦略を立てても、旧態依然のまま変更がないと組織にとって弊害になりかねません。戦略に合わせた組織構造が求められます。
(3)システム(System):組織の仕組み システムとは、人事制度や評価制度など企業の情報を管理する仕組み全般をいいます。システムが曖昧だと、組織全体の統制が取りづらくなり、戦略を実現していくことが困難に。明確なシステムを組織全体に浸透させることが従業員の意識統一につながり、情報管理がしやすくなります。
ソフトの4S
(4)スタッフ(Staff):各人材の能力
スタッフとは組織の人材の質や管理体制を指し、一人ひとりを活躍させることが企業の成長に繋がるとしています。人材を理解し、それぞれが成果を上げやすい環境を整えることが大切です。
(5)経営スタイル(Style):
社風や文化
経営スタイルは企業文化や風土のことです。経営スタイルが曖昧だと、経営陣と従業員の間で溝がうまれ、従業員のモチベーション低下にも繋がりかねません。その企業「ならでは」の方針を立てることで従業員が意欲的に働けるようになるでしょう。
(6)経営スキル(Skills):
組織に備わっている能力
経営スキルとは社内に蓄積されてきたノウハウをいいます。競合他社にはない独自の強みを伸ばすことで、競争優位性を保ち、成長に繋げることができます。少しずつスキルやノウハウを蓄積できる仕組みづくりが重要です。
(7)上位目標(Shared Value):
会社の価値観
上位目標は企業ビジョンのことを示します。ビジョンを従業員と共有し、同じ方向を向くことは目標達成において不可欠。ビジョンが曖昧だと、組織全体が同じ方向を向けず、目標達成が難しくなります。

適切なアドバイスを行う
「人材育成コンサル」会社を紹介

7S主軸になるのは
「ビジョン」「人」

ビジョン策定は組織のトップ次第、人の育成・活用は…?

たとえ7Sを取り入れていたとしても、一つの視点に偏っていてはうまくいきません。では、7Sすべての要素に共通しており、私たちが大前提として重要視しなければならないポイントは何でしょうか。それは「ビジョン」と「人」です。

あなたの組織では、既存のメンバーをしっかりと育てられていますか?実は人材育成に取り組むには今がとても良いタイミングなのです。

「人材育成」に取り組むなら
今が好機、その理由は?

contents
国が「人を大切にする組織」を評価している

国が「人を大切にする組織」を評価している

2022年8月30日、内閣官房より「人的資本可視化指針」の最終版が発行されました。これは簡単に言うと、「人的資源へ投資する企業を評価する」というもの。どのような人材育成を行っているのか、例えば研修内容などの情報開示が必要となります。

人的資本情報の開示は、投資家の注目を集めるだけではありません。少子化が進む昨今、人材育成・活用に注力していると、企業の取り組みを優秀な人材にアピールして目を引くことができます。これは、将来的に「人材獲得戦争」に勝つことにもつながるでしょう。

※参照サイト:【PDF】内閣官房非財務情報可視化研究会(第6回(2022年6月20日))資料(https://www.meti.go.jp/shingikai/economy/sustainable_sx/pdf/007_05_00.pdf)

既存人材の特性を理解し
能力を引き出せていますか?

個の能力を引き出すことが組織改善に繋がる

上記の状況から、2022年後半の今こそ組織改善・人材育成に取り組むべき。とはいえ、ただやみくもに人を採用・育成するのではなく、「個の才能を伸ばす」"育成"がポイントです。

ご存じのとおり、少子化により今後益々人材の採用が難しくなります。優秀な人材の採用を強化するより、今いるメンバーの才能や強みを伸ばし、適した人材配置や役割分担を行う方が素早く成果を達成できるでしょう。

人材の能力を引き出し組織改善するために
おすすめしない2つの策

NOT RECOMMENDED

ターゲットが明確でない
社内研修の実施

組織改善は目的を明確にして取り組むことが重要であり、例えばターゲットが不明瞭なまま社内研修を実施しても社員に浸透しません。意欲的に受講する社員が増えず、費用対効果を感じられないでしょう。

また、研修実施前には、社員の現状レベルの把握が必要です。求められるタイミングで実施をしないと、既に理解している事の振り返りになる、あるいはレベルが高すぎて理解できないといった事態に陥ります。

活用に至らないシステムの導入

最近では、個人の能力を明確にし適切な人材配置や管理を目的とした「タレントマネジメントシステム」が続々と登場していますが、流行りに合わせてやみくもに導入しても、現場で活用できない事態が発生します。どのシーンで活用できるか、社員にシステムの活用を浸透させられるかなど、導入後の活用をイメージしたうえで組織に合うシステムを導入しましょう。

まずは相手を理解する
施策から始めましょう

導入したら活用を徹底する

人材の能力を引き出す組織改善のポイントは、「相手を知ること」。そして「導入したら徹底的に活用すること」です。不特定多数に向けた研修や、複雑なシステムの導入よりも前に、まず相手の能力を引き出すために特性の理解から始めましょう。

改めて、私たちは組織課題とどう向き合うべきか?

TASK

少子化が進み、人材確保が困難になる中、多くの企業が人材育成の課題に直面しています。今後、どのような考えを持って人材育成すべきか、よく聞く組織課題を例に教育側が持っておくべき考え方や人材との向き合い方を解説していきます。

組織課題1:人が育たない

ヒント:“みんな違ってみんないい”、採用の失敗は教育で取り戻せる

多用な価値観のある現代において、一律の育成では人が育ちにくくなっています。多様な価値観を否定するのではなく、多様な価値観を活かした育成のためには、一人ひとりの能力を明らかにし、教育を心がけましょう

組織課題2:優秀な人が辞めていく

ヒント:若者だけでなく優秀な人も「石の上にも3年待てない」

自分の働き方を見つめなおして他社へ移るというのは、なにも若手社員に限った話ではありません。給与面に重きを置いてきた中堅社員・役員レベルの人材にも起こり得る話です。優秀な人材も、自分の才能を発揮できる職場へと目を向け始めています。優秀な人材を逃がさないためにも、能力に見合った役割を与える必要があります。

「2・6・2の法則」
囚われず
全員が主役になる組織が成果を出す

「個を活かすマネジメント」で全員を主役に

意欲的に働く人が上位20%、与えられた仕事をこなす人が60%、意欲がない人が下位20%を占めるとする「2・6・2の法則」は、現場でよく用いられる考え方です。

しかし、優秀な人材や意欲的に働く人材ばかり目を向け、他を切り捨てる考え方は、人手不足の日本においては危険だといえます。全員が才能を発揮できる組織をつくることができれば、組織の目標到達も容易になるでしょう。下記より、全員を主役へと導く「才能診断ツール」についてご確認いただけます。

全員を主役にする「才能診断ツール」とは?

組織改革の方法を改善したい問題から探す

TASK

組織改革をするには、改善目的が明確になっていることが大切です。もしも、今抱えている問題点が明確になっているのであれば、下記の課題別の解決方法を試してみてください。課題を解決し、組織力を強化させていきましょう。

新卒を即戦力化したい

新卒を即戦力化させるためには、挑戦できる企業風土をつくることが重要です。裁量が小さい仕事ばかりだと、挑戦を恐れて成長に繋がらないことも。挑戦しやすい環境を整え、能力に見合った部署に配属させることで、自発的な成長を促すことも必要です。新卒の即戦力化については下記ページで詳しく解説しています。

新卒を即戦力化する
ヒントを早速確認する

リーダーを育成したい

リーダーを育成するには、研修を通してリーダーとしての心構えを身につけてもらうことが重要です。現場で活躍している人材を突然リーダーに任命しても、思うようにパフォーマンスを上げることは難しいでしょう。指導者として何が必要なのか自覚をしてもらうことが大切です。リーダーの育成については下記ページで詳しく解説しています。

リーダーを育成する
ヒントを早速見る

人材配置を最適化したい

人材配置を最適化するためには、各人材の特性を正しく理解することが求められます。間違った理解のまま配置をしてしまうと、特性に合わない部署に配属された人材の成長が滞ってしまいます。スキルや価値観を正しく理解し、能動的に成長できる部署への配属が重要です。人員配置の最適化については下記ページで詳しく解説しています。

人材配置を最適化する
ヒントを早速見る

人材育成の失敗事例からヒントを探す

HINT

組織改善のヒントは、失敗事例からも探すことができます。失敗事例にはそれぞれ失敗のポイントがあり、これを参考にすることで同じ過ちを繰り返さないように対策を講じることができます。「個」を活かすタレントマネジメントやチームビルディング、従業員のエンゲージメント向上の失敗事例を参考にし、これからの取り組みを見直すきっかけにしましょう。

人材育成の失敗事例から組織改善のヒントを探す

日進月歩の取り組み
組織変える

個人の些細な変化が組織を強くする

組織改革は、単発的な取り組みだけでは大きな成果を得られません。個人の能力や変化を把握して、日々のマネジメントに活かし、一人ひとりが活躍できる組織にしていくことが重要です。これまでの「組織改善策」でうまくいかなかったのであれば、「才能診断ツール」や「人材育成コンサルタント」など、新しい施策にも目を向けてみましょう。

適切なアドバイスを行う「人材育成コンサルティング」会社を紹介

COMPANY

2022年8月29日調査時点で、検索エンジンGoogleで「人材育成コンサルティング」と検索した際に、上位5Pまでに表示される会社を選定しました。どの人材育成コンサルティング会社に依頼してよいか決めかねている企業は、以下の各コンサル会社の特徴をもとに、導入を検討してみてください。人材に関する問題を抱えている企業は、早めに対策を講じましょう。

アクティブ アンド カンパニーは、組織の経営戦略から人事制度の設計、人材育成やマネジメントまで請け負っているコンサル会社です。業務の効率化のために、標準化やIT化も支援。人事情報の一元管理も支援しています。さらに、組織の今の状態を分析してもらえるため、組織の活性化を図る施策を実行できます。

  • 所在地:東京都千代⽥区九段南3-8-11 ⾶栄九段ビル5F(受付4F)
  • 営業時間:月曜~金曜9:00~18:00(祝祭日を除く)
  • 電話番号:03-6231-9505
  • 公式HP:
    https://www.aand.co.jp/

アビームコンサルティングは、オペレーション変革から経営方針の策定までアドバイスを求められるコンサル会社です。テクノロジーを使用し、人事部門の課題解決に向けた、効率的オペレーションの実現も支援しています。人事部門の相談だけでなく、全てのステークホルダーにとって利益のある人材マネジメントを依頼することが可能です。

  • 所在地:東京都千代田区丸の内1-4-1 丸の内永楽ビルディング26F
  • 営業時間:公式HPに記載なし
  • 電話番号:03-6700-8800
  • 公式HP:
    https://www.abeam.com/jp/ja

クレイア・コンサルティングは、組織と人事領域の課題解決を支援する経営コンサルティングファームです。戦略立案から施策設計、導入まで一気通貫で行っており、企業に合わせてカスタムメイドの提案をしています。人間科学や経営学、経済学の習得に力を入れているので、時代に合ったコンサルティングを提供できます。

  • 所在地:東京都港区芝3-2-18 NBF芝公園ビル9F
  • 営業時間:公式HPに記載なし
  • 電話番号:03-5439-9108
  • 公式HP:
    https://www.creia.jp/

グローバルタレント・コンサルティングは、若手社員から経営者候補まで、幅広い人材を対象にした教育プログラムを用意しているコンサル会社です。若手早期選抜や海外赴任前など、階層ごとの人材育成をサポートしています。また、経営理念の浸透やビジネススキルの向上、リーダーシップのための教育など、プログラム内容が充実しています。

  • 所在地:大阪府大阪市中央区南船場3-9-6
  • 営業時間:公式HPに記載なし
  • 電話番号:06-6245-5207
  • 公式HP:
    https://www.globaltc.jp/

ステラーインテンションズ

ステラーインテンションズは、経営者向けのコーチングから、個人のためのコーチングまで請け負うコンサル会社です。認知バイアスを防いで新たな視点を導いたり、自身の考えに気づかせたりと、方向性を決定するためのサポートを行います。また、組織のコミュニケーションの方法などに関するアドバイスも可能で、組織や社員のストレス緩和を手伝っています。

  • 所在地:東京都港区南青山4-26-20
  • 営業時間:公式HPに記載なし
  • 電話番号:公式HPに記載なし
  • 公式HP:
    https://stellarintentions.jp/

トランストラクチャは、データ分析を行い、合理的な人事コンサルティングを行う会社です。客観的に判断できるように企業の現状を数値で表し、組織が抱える課題を可視化させます。また、人事システムや人材関連会社などのネットワークを持っているため、組織・人材が抱える課題解決に向けたサービスをワンストップで提供することが可能です。

  • 所在地:東京都千代田区麹町 5-4 JPR麹町ビル
  • 営業時間:月曜~金曜9:00~17:30
  • 電話番号:03‐5213‐3931
  • 公式HP:
    https://www.transtructure.com/

パルトネールは、社員の入社から退社までのライフサイクル全てのアドバイス・支援が可能なコンサル会社です。採用支援・人材開発・人事制度の設計・構造改革・リテンション支援など、一気通貫のサービス提供により、効率的に改善できる戦略を立案します。規模を問わず人事解決に取り組んできた実績を持つ、代表によるコンサルティングも可能です。

  • 所在地:東京都中央区東日本橋3-6-16-1103号
  • 営業時間:月曜~金曜9:00~18:00
  • 電話番号:03-3668-9888
  • 公式HP:
    https://partenairejapan.co.jp/

フリクレアは、成果主義からプロセス主義へと変えるためのサポートを行うコンサル会社です。人事制度・評価・プロセスを見える化し、営業と人事の課題解決をサポート。営業コンサルティングでは3次元プロセス分析法、人事制度・評価コンサルティングでは進化したプロセス評価を取り入れて、将来の利益を守る組織への見直しを支援しています。

  • 所在地:東京都墨田区吾妻橋1-23-30-1409
  • 営業時間:公式HPに記載なし
  • 電話番号:03-5637-7180
  • 公式HP:
    https://www.flecrea.com/

リクルートマネジメントソリューションズは、人と組織の課題に対応したコンサルティングサービスを提供しています。人材採用の事業で培った洞察と、事業理解から経営と現場を繋ぐための支援を行っています。教育体型の設計・従業員満足度の向上のための支援・企業に対するロイヤリティを高める取り組みなど、幅広いテーマに関する支援を提供することが可能です。

  • 所在地:東京都港区芝浦3-16-16 住友不動産田町ビル東館 4F
  • 営業時間:月曜~金曜8:30~18:00(祝日を除く)
  • 電話番号:03-6331-6000
  • 公式HP:
    https://www.recruit-ms.co.jp/

リブ・コンサルティングは、組織文化構築から人材育成コンサルティングまで、幅広いソリューションを提供しています。ジョブ型人事制度構築・運用の支援を行っており、組織のタイプを踏まえて人事育成までのプロセスを設計します。さらに、賃金の適正化に向けた人事評価制度の構築も支援。人材育成のコストを抑えたい企業には、オンライン型人材育成の仕組み作りも提案が可能です。

  • 所在地:東京都千代田区大手町1-5-1 大手町ファーストスクエア ウエストタワー 19F/20F
  • 営業時間:公式HPに記載なし
  • 電話番号:03-5220-2688
  • 公式HP:
    https://www.libcon.co.jp/

JINタレントコンサルティングは、人材育成研修の設計と、個別能力の開発促進のための設計を行っています。リーダーの育成から、企業成果や顧客サービス向上のための研修設計まで、実行可能な施策を提案します。人材育成研修に関しては、全社デザインが可能です。銀行・自動車・IT業界など、幅広い業界を支援してきたノウハウをもとにサポートしています。

  • 所在地:東京都中央区銀座7-13-6 サガミビル2F
  • 営業時間:月曜~金曜10:00〜19:00
  • 電話番号:公式HPに記載なし
  • 公式HP:
    https://jin-consulting.com/

M-ITコンサルティングは、行動科学と統計分析をもとにした検証型課題分析を行っており、企業視点では気が付けない経営課題を見つけ出します。組織・人材の調査により、組織改革やイノベーションの実践をサポート。プログラムは大きく分けて4種類あり、次世代リーダー育成・営業部門強化・生産部門効率化・組織文化の変革に向けたアドバイスを行います。

  • 所在地:東京都中央区日本橋3-2-9 三晶ビル8F
  • 営業時間:公式HPに記載なし
  • 電話番号:03-6225-2841
  • 公式HP:
    https://mit.co.jp/

PwC Japanグループ

PwC Japanグループは、カスタマイズしたコンサルティングを提供しています。業界を深く考察し、調査結果・インサイトから課題や目標を導き、効率的な戦略を実行します。人材・組織戦略として、組織の効率性や意思決定権の評価を行うことも可能です。持続的に組織の効率性を高めるために、監督体制の構築も提案しています。

  • 所在地:東京都千代田区大手町1-2-1 Otemachi One タワー
  • 営業時間:公式HPに記載なし
  • 電話番号:03-6257-0700
  • 公式HP:
    https://www.pwc.com/jp/ja/about-us/member/consulting.html

企業の継続的な成長」特化した理論「識学」を用いた経営・組織コンサルティングや従業員向け研修などを手がける株式会社識学。同社は、各企業の要望や状況に合わせてメニューをカスタマイズして、企業への識学の浸透をサポートしていきます。また、マネジメントの悩みを解消する「識学無料相談」も用意しています。

  • 所在地:東京都品川区大崎2-9-3 大崎ウエストシティビル1階
  • 営業時間:公式HPに記載なし
  • 電話番号:03-6821-7560
  • 公式HP:
    https://corp.shikigaku.jp

適切なアドバイスを行う
「人材育成コンサルティング」会社を紹介