「人的資本経営」施策の大本命「新・組織改善メソッド」 » 組織の強みを明確にする「才能診断ツール」を紹介・体験

組織の強みを明確にする「才能診断ツール」を紹介・体験

目次
contents

優秀な人材が集まらない、生産性が落ちている、売上に伸び悩んでいるなど、組織の在り方に課題を抱えていませんか。組織改善のために、個人の強み・才能を明らかにする「才能診断ツール」について紹介しています。各ツールについて、体験レポートも用意しました。

活用場面別におすすめする
「才能診断ツール」の紹介を見る

目次
contents

才能診断ツール
(アセスメントツール)
とは

客観的に自己評価できるアセスメントツールの中でも、才能診断ツールは「個々の才能の診断に特化しているツール」を指します。診断により、自分の強みを明確化でき、強みを伸ばす知識や経験を積む際の指針を得ることができるでしょう。

個々の才能とは、個人が持つ強みであり、才能診断ツールを使うことで自分の強みを知ることができ、得意なことを明確化できます。得意なことを知っていれば仕事やプライベートで得意を活かして行動することが可能です。

才能診断ツール
(アセスメントツール)には
「組織向け」と「個人向け」がある

才能診断ツールには、組織向け・個人向けの2種類があります。組織で利用するのであれば、診断して終わりにならないように活用しやすいツールを導入しましょう。

才能診断ツールを使うことで、自分が気づいていなかった強みに気づけ、今後の行動に活かすことができます。今回、組織での活用実績あるツールをピックアップしており、どちらも人材の特性を把握して活用するのに向いています。個人向けのツールを選ぶ際は、自分の強みを知って実生活に活かせる診断結果を得られるツールを選びましょう。

検索エンジンGoogleで「才能診断ツール」と検索した際に、確認できるアセスメントツールを提供している21社の中から国内の企業・団体が提供しているものを4つピックアップしました。適している組織・個人ごとにツールを紹介しています。

選定理由:2022年8月29日時点でのGoogleで「才能診断ツール」と検索し5P目までに出てきたツールのうち、国外も含めた実績を公表しており、国内の企業及び団体がサービスを提供している4つのツールを選定しています。

組織での活用に向いている才能診断ツール2選

実績を持っている&国内の企業・団体が提供している「才能診断ツール」のうち、組織での活用に向いているツールは「タレントダイナミクス」と「DiSC(ディスク)」です。「タレントダイナミクス」は診断結果の活用方法についてアドバイスしてくれるコンサルがつき、「DiSC(ディスク)」は受験無料で設問数が少ないので人員が多い組織でも導入が容易でしょう。特に、活用しやすいシーンごとにおすすめのツールを分けてみました。

※2022年8月29日時点でのGoogleで「才能診断ツール」と検索し5P目までに出てきたツールの中で、「組織」での活用に向いている2つのツールを選定。
タレントダイナミクス:才能診断に加え、唯一コンサルティングに対応している
DiSC:受験無料な上、設問数が8問と最も少ない

既存人材を活かしきれていない
伸び悩む組織におすすめ
人材の才能を明確にする
才能発掘ツール

引用元:タレントダイナミクス公式HP
(https://talentdynamics.jp/)

タレントダイナミクス

他ツールにはない「意識レベル」の診断により、個人の才能をより明確にするツール。適切な教育や配置に活用できる。

導入実績 100万人以上
(2022年9月調査時点)

タレントダイナミクスの
HPでツール詳細を確認

電話で問い合わせる

対話を円滑にする
コミュニケーションツール
手早く人材の特性を把握し
活用したい組織におすすめ

引用元:DiSC公式HP
(https://www.hrd-inc.co.jp/whatsdisc/)

DiSC

人の行動属性を理解できるツール。調査したツールの中で診断結果が4つと最も少なく、簡単かつ明確に相手のことを知ることができる。

導入実績 100万人以上
(2022年9月調査時点)

DiSCのHPで
ツール詳細を確認

電話で問い合わせる

個人での利用に向いている才能診断ツール2選

実績を持っている&国内の企業・団体が提供している「才能診断ツール」のうち、個人での利用に向いているツールは「クリフトンストレングス(旧ストレングスファインダー)」と「Mgram(エムグラム)」です。

組織での活用もできますが、「クリフトンストレングス(旧ストレングスファインダー)」は書籍購入者がお得にテストを受けられる点や、「Mgram」はプライベートに対するアドバイスが豊富な点を考慮し、「個人向けのツール」として紹介しています。

※2022年8月29日時点でのGoogleで「才能診断ツール」と検索し5P目までに出てきたツールの中で、「個人」での活用に向いている2つのツールを選定。
クリフトンストレングス:書籍購入が必須で一冊につき一人が対象
Mgram:個人の性格診断ツールとして、プライベートに対するアドバイスが豊富

理解と成長が進む
自己分析ツール
まずは自己理解から始めたいと
考える個人におすすめ
クリフトンストレングス
(ストレングスファインダー)

書籍購入により診断を受けることができ、1冊につき1人が対象。2022年9月現在、最多の導入実績を誇る認知度の高いツール。

導入実績 2500万人以上
(2022年9月調査時点)

クリフトンストレングスのHPで詳細を確認

公私ともに活かせる
性格診断ツール
プライベートにも強みを
活かしたい個人におすすめ
Mgram
(エムグラム)

自分を構成する強みや性格の傾向が明確になり、仕事だけでなく恋愛などプライベートでの活かし方までわかるツール。

導入実績 1,100万人以上
(2022年9月調査時点)

MgramのHPで
詳細を確認

なぜ今「才能診断ツール(アセスメントツール)」なのか

少子化による人口・労働人口減少により、優秀な人材雇用が難しくなっています。優秀な人材を新たに雇用するよりも、既存社員の才能を伸ばす取り組みが重要です。既存社員の才能を引き出すには、個々の能力を可視化させることが大切。社員の持つ才能、仕事で適している役割を明らかにさせ、組織を活性化させるためにも、才能診断ツールを導入してみましょう。自社に合った才能診断ツールならば、社員の才能を発揮できる環境を作り上げることができます。

もう一度、
「才能診断ツール」の紹介を見る

そのほかの才能診断ツール一覧

エニアグラム

人間関係を円滑にするためのツールで、書籍・ワークショップで学べるようになっています。簡単な診断であれば、公式サイトから受けることが可能です。個々の性格形成プロセスについて理解を深められるでしょう。

エニアグラムとは?
詳しく見る

ポテクト

個人が持つ50種類の資質・仕事力を分析できる適性診断ツールです。設問数が多く設定されており、他者からみた評価と自己評価の把握に役立ちます。自己理解のずれを確かめることができます。

ポテクトとは?
詳しく見る

MBTI

総勢19万人(2022年11月11日調査時点)が利用しているプロセス重視の性格診断です。有資格者からのフィードバックが必要なため、診断結果をより深く理解することができます。米国では14歳から結果が有効とされていますが、日本では自我確立が米国よりも遅いと考えられているため、18歳から有効とされている診断です。

    

※参照元:MBTI公式HP
(https://www.mbti.or.jp/what/)

MBTIとは?
詳しく見る

SPI3

性格検査・能力検査の2種類に分かれている検査サービスです。リクルート運営のテストセンターで受験できるため、人材採用時のテストでの替え玉受験を防ぐことができます。

SPI3とは?
詳しく見る

VIA-IS(ビア)

個人が持つ24種類の強みのうち、上位5位を本人が持つ強みとして知らせてくれる診断ツールです。無料で診断を受けられ、より詳細なレポートは有料ですが、一部の回答は無料で閲覧できます。

VIA-ISとは?
詳しく見る

Zelfium

人格タイプをイメージで伝えてくれる人格診断テストです。AIが診断を行い、一部のテスト結果は無料で閲覧できます。有料オプションで詳細なレポートを確認することも可能です。

Zelfiumとは?
詳しく見る

適職診断NAVI(Meta Anchor)

自分の強みや弱みを簡単に確認することができる「適職診断NAVI(Meta Anchor)」は、会員登録せずにスマホですぐに受検することが可能です。豊富な診断結果により性格やキャリア志向などの特徴を表示し、いつでも結果を確認・共有することができるツールです。

適職診断NAVI(Meta Anchor)とは?
詳しく見る

モチラボ

60種類の質問に選択式で回答するだけで、本人が持つ上位3つの才能を明らかにするツールです。ベースとなっているのは、全世界で約2000万人が受けた才能診断ツール「ストレングス・ファインダー」。診断精度の高さが期待できます。公式HPから無料で利用可能。

モチラボとは?
詳しく見る

才能発揮サーベイ

才能発揮サーベイは、個人の強みと潜在能力を発見し、職場でのパフォーマンスと働きがいを向上させるための分析ツールです。このサーベイを通じて、自己理解を深め、効率的なチームワークを促進する具体的な手法が提供されます。

才能発揮サーベイとは?
詳しく見る